FC2ブログ

HUZIサファリパーク

■グレイちゃんかわいい。

ふご69min

あほ毛もちゃんと隠してるの可愛い。
でもぴょこって出てきたりしないのかな、かわいい。

■SEKIRO

sekiro.png

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼 公式サイト

1周目クリアしました!大体60時間!
くそながネタバレ有りの感想文します。
本当にたのしかったので・・・


元々アクションゲームすごく苦手で、ブラボとかの戦闘もフギィーってなりながら
クリアした人なので、今回弾きとか見切りの区別とか
とっさの判断がかなり重要になる感じで正直クリアむりでしょ~って思ってました。

それでも途中途中でいい感じに練習になるボス配置があって
練習時間設けるとだんだん勝てるかもしれない!って感じが
ちょっとずつ感じれておいおいおいゲームバランス神かよ?(洗脳完了)

実際、弦一郎先生教室を卒業するころにはだいぶ弾きが気持ちよくなってて
下段見切りとかもちょっとずつできるようになっていた気がする・・・!する

自分がやったルートのボスも言ってたんですけども
迷えば負けるし中途半端に逃げるくらいだったらガシガシ叩いて弾いたほうが
いいんやなあって中盤くらいからおもいました。きづくのおそくない?煽りチャキチャキをやめな!

***

話がいい。本当にいい。キャラもいい。好きなキャラ多すぎる。
だから幸せになってほしいって思ってたキャラ多いんですけども、
けっこう高い確率でお亡くなりになって、ああ・・・フロムソフトウェア・・・

でも死ぬこと自体が救いになるキャラとか、狼に倒されたことで
満足したキャラとかがいて、も~まじフロムソフトウェア~って感じでした。
すぐそういうことする!


ボスキャラもほんと好きなキャラ多かったです。

獅子猿第2ゲージがまじで怖くて、こう、意味わからない動きする
生き物ってほんとうに嫌悪感あるんです。
でもその動き自体にちゃんと理由があって、戦闘終わった後とか再度戦闘の際に
獅子猿パッパが蟲付きになっちゃったことで猿マッマも子供もみんな
救いが無くなっちゃったんだなあって感じがして切ないなあ、っていうのと
同時にそういう背景含めて好きなボスになりました。
第二ゲージのBGM不気味かっこいいよなあ!!!サントラ買うぞ!!

***


メイン2人の主従関係が良すぎる。エモい。
本当にすき。

私は人返りエンドだったんですが、狼の

【義父との鉄の掟を守る】
       ↓
【九朗くんにとっての為すべきことを為したい】
       ↓
【自分にとっての為すべきことを為したい】

って変化していく感じが本当にどうしようもないくらい好きでした。
はたから見れば自己犠牲エンドなんですけども、
それは九朗くんに人として生きていってほしい、願いのための行動であって
それを狼は最終的に成し遂げたっていう感じ、エモくない・・・?
めっちゃすきなんですけど・・・

個人的にめちゃくちゃ自分が納得できるエンディングでした。


わけもわからず配信でフロムパイセン達からアドバイスもらいながら
へその尾とかっていうわけわからんアイテム集めて
なぜか最終的に上位者ナメクジになって終わったブラボ1周目のこと絶対わすれんぞ・・・
いやあのエンディングすこだけどね。正直予想外すぎて爆笑した。

***


結局のところなにが言いたいのかというと
セキロのレビューを100点満点で評価すると2億点でした!!!!!!
半兵衛外伝コミックもきっと出るであろうDLCもサントラも買いますねえ!!!!!!







コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

・・いらっしゃいませ・・




--------------------------



07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


・・プロフィール・・

ペケこ

Author:ペケこ
提督とアークスです。



kotori8484@yahoo.co.jp




** RO **
まいきゃら

クリックでマイキャラページへ。
thor鯖にて生息中



↑【ニコニコ】ぺ。コミュニティ

マイリストに飛びます
↑10/7/5「もう少し歩く」


・・最近の記事・・
・・コメント・・
・・記事カテゴリ・・
・・リンク・・
ブログ内検索
RSSフィード

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。