NieR:Automata感想


■ニャーア・オートマタ

20にゃー2


NieR:Automata感想文です。
Eエンドが終了しました。
まずネタバレ感想の前に、ネタバレが無い感想。システムとか。


めっちゃおもしろかったです。
戦闘に関してはアクションが苦手でチュートリアルの中ボス戦で
ボコボコにされたため、オート戦闘に本当にお世話になりました・・
エンディングWを早々回収してしまうとは。

ということでアクションが苦手でも!
オート機能におまかせすると!
かっこよく!画面の中では!戦闘してくれます!

え、戦闘まかせっきりとかもったいないよ!というのも
まじであると思うのですけど、このオート機能が画期的というか
アクションが本当に苦手な私にとってかなり素晴らしいなっておもいました(切実)

まじでアクションが苦手な人でも大丈夫!って感じのゲームでした。
でも(ほんとの)2週目行くときは戦闘ちゃんと自分で
がんばってみようって思いました。


20にゃー3


最後”とあること”をしたので私はセーブデータを全部あげてしまいました。
最後にあげるセーブデータ、あくまで1つのセーブデータだと勘違いしてしまって
家族のクリア済のデータもあげてしまいました・・。
3スロット分、全部のデータをあげるということだったんです。
本当にちゃんと読まなきゃなって思いました。
そして謝りました。

進行は私の方が遅れてクリアしたんですが
逆に私が先にクリアしてしまって最後にゲームデータをあげてしまっていたら
進行中の家族のデータも消えていたので進行逆でよかったです、よくないけれど。
よかったですというかセーフというか。いやよくないけど!セーフじゃないけど!





そういえば”NieR:Automataは前作やってないと微妙?”とニコ生等で
聞かれたのですが全然微妙じゃないです。楽しめます。

でもどちらかというとやっぱり前作を知ってると
「なるほどふむふむ」って思ったり「このBGMは!」「ああこのキャラ・・」って
なったりして楽しいだろうなーって思いました。
言ってしまえば「前作のこと知ってると 得!」って感じのような。




こちらの動画主さんが前作をもうそれはもう済み済みまで
解説してくださっているのでこれを見てからオートマタを始めるも良し、
オートマタを終えてから遡って「なるほどなー!」ってなるのもありかと・・!


私は以前この動画見てて、最近完走したのを知って
プレイの合間にまた最初から全部見終わって
オートマタの攻略中すごい楽しかったです。



以下からネタバレ有りの感想です




■ネタバレの感想

1周目で「うわーよかったー!!」ってなったと思ったら
2周目の森の国あたりからメンタルボコボコになりました。
あ、そうゆう・・・・あ・・・・・って感じで・・!

2周目のキャラの視点が変わって1周目をなぞっていくってだけで
「おもしろそう!」ってなったのに、1周目で通ってきた国の事情が見えたりするの、
なんかこう、良い意味でズルいですよね。
あくまでゲーム内のキャラクターはその国の事情やボスの事情は分からないので
任務を遂行するためにストーリーは進むけどもプレイヤー側には
そうゆう情報を渡すって感じ。
一気に「なんてことをしてしまったんだ」っていう罪悪感とかがちょっと出てくるあの感じ・・!


そして1周目2周目で2Bちゃんも9Sくんもかわいいなあ、好きだなあって
なってから、3周目で一気に悲しくなって最後の最後で報われたのが
ほんとうにもーってなりました。A2ちゃんもいい子だったなあ。


結局のところCMで言っていたように、NieR:Automataの中に出てくるキャラって
人間でいうところの「命がない」んですよね。
作中の人間自体も絶滅していたよってことだけどその人間も
前作のレプリカント体のことをもし指していたらうーん人間・・・・・・
人間よりもアンドロイド寄りなんだよなあってなってしまうわけですし。

それでも好きな人のために美しくなりたかった歌姫も
家族を守ろうとした森の国の機械生命体も神様を信じた狂信者な機械生命体も、
アダムとイヴもデポルもポポルも「死んだ」というよりも「壊れた」って表現のほうが
合っているのにあまりにも人間みたいな感情やセリフで「うーーーーん・・!」って
なってしまいました。

いや本当にすごいゲームだなあって。
そうゆうモヤモヤが残るんですよ。


最後の最後、主人公3人のことを全部見ていた
言ってしまえば「プレイヤー視点」に近いポッド達が
命令とか、そうゆうのじゃなくて「自分の判断で」
迎えたエンディングの延長戦を見てみたくない?ってなったとき
そうだよ!見たいんだよなー!ってなりました。

ゲームを作ってくれたスタッフさんにハッキングをかけるっていう
エンドロールの演出の先に、プロローグの2Bちゃんの問いかけに
ポッドが答えを出して終わりがほんとうにもう、うわーってなってしまいました。



ヨルハ部隊が戦闘をする時に恋をしている感覚と同じような
感じになっているって設定を見て、

ということはエンド後も9Sくんは好きだから2Bちゃんをいっそほんとに殺しちゃうかも、とか
2Bちゃんは2Eちゃんだから、また9Sくんのこと処分しちゃうのかも、とか
いやでも感情が芽生えたポッド達もいるし、まあうまくいくでしょ!とか
月にある人間の遺伝子を云々してまた人類復活できるんじゃ?とか

色んな「こうなるかもしれないよね」っていう想像の1つ1つが
全部正解に繋がるようなエンディングがEエンドだなあって思いました。
私はやっぱりそうゆう意味で、いろんな可能性がありそうなEエンドが好きです。


そして「あれってそういえばどうゆうことだったんだろう」って
疑問に残ったりしたこともちょいちょいあったので
今月末の設定集の発売が楽しみです。サントラも!

あのほら砂漠地方の仮面の機械生命体とか
イヴのあれって黒文病関係してる?とか
Dエンドの最後の回想で9Sくんチュートリアル戦記憶してたのかな?とか・・

楽しみだなあ・・!



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

・・いらっしゃいませ・・




--------------------------



05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


・・プロフィール・・

ペケこ

Author:ペケこ
提督とアークスです。



kotori8484@yahoo.co.jp




** RO **
まいきゃら

クリックでマイキャラページへ。
thor鯖にて生息中



↑【ニコニコ】ぺ。コミュニティ

マイリストに飛びます
↑10/7/5「もう少し歩く」


・・最近の記事・・
・・コメント・・
・・記事カテゴリ・・
・・リンク・・
ブログ内検索
RSSフィード

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。